トップページ > こころねとは

こころねとは

「心の根っこはあたたかく、生きる力と価値は、すでに持っている」
という理念を元に、子どもたちの心身が
健全に育つ地域社会を目指し活動する団体です。

安全で、豊かな国、ニッポン。
2020年にオリンピック・パラリンピックを開催するニッポン。私たちは戦争や、震災を乗り越え、新しい希望を抱き、
世界中の人々と手を取り合い、地球規模で平和な社会を創っていくこと。そんな役割を担っているのではないでしょうか。
まずは誰もが、母のお腹で育まれたあたたかい心を持っていること、
その原点を信じ、人の心を健全に育んでいく社会にしていくこと。
知恵も、技術も、情熱さえも、あたたかい心があってこそ、社会を平和に導く力になると考えます。「皆、あたたかい心根を持っています。そしてそれを健全に育むもの、それもまたあたたかい心根なのです」
しかし、私たちはいろいろな環境で育つ中でいろいろな感覚、考えを持ち、互いを理解をすることや社会で生きていくことがとてもむずかしく思えてきたりします。
そのうちに人は怯え、それが時に怒りとなり、
自分を守るために、攻撃したりすることもあります。

生きていくこと、ましてや多くの人と関わっていくことは簡単ではないので、その困難さを克服できない過程の中で
自分のあたたかい心を守るかの如く、人は冷たく、固い鎧をまとい、防御態勢、攻撃体勢を取ってしまいます。

大人になった時に、不必要な鎧をまとわず、
むやみに自分を守ったり、人を攻撃しないようになるためには、

(1)自然の中で生きる困難さを子どもの頃に経験しておくこと
(2)多くの人と関わることの困難さを子どもの頃に経験しておくこと
(3)そしてその中から喜びや楽しさを見いだせるようになることが、大変効果的だと思います。

そう仮定するならば、その環境を創り、守る人、あたたかい心を育む人、社会。あたたかい心を素直に体現できる大人を増やすことが肝心だと考えるのです。

そんな思いを持ち、私たちは「こころね」を立ち上げました。

まずは同じような思いを持つ人と繋がりこの思いを広め、どんどんカタチにしていきたいです。

みんなで「希望」という名のバトンを繋いでいきましょう。

千葉 NPO法人こころね

 

事業内容

□子ども関連の社会課題に関する啓発・活動
□ママサポートカウンセラー養成講座
□こころねキャンパス事業
・ワークショップ、映画上映会、プレーパークの活用促進など
□児童・家庭ソーシャルワーク事業(構想中)