2/25 地球学校レポート

その日の気分ってあるよね。ってことで、
午前中は公園行きたい組とお部屋で過ごしたい組と分かれて活動。



お昼を食べて再び集合して、
午後のメインプログラムはたえちゃん先生のプログラミングレッスンでした!
赤い羽根共同募金さまより助成金をいただき、
パソコンやタブレット等を子どもの人数分購入することができ、
地球学校でもICT教育を導入することができるようになっております✨


フリースクールでは教育に必要な教材も備品類も全て自分たちで用意しなくてはならないのですが、
こういった皆さんの寄付やご厚意で子どもたちに必要なものを揃えることができます。
本当にありがたいことです。

プログラミングはじめての子たちばかりですが、
やり方を覚えたら、すぐに自由に自分のやりたいように作り始める人たち。

先生のレッスンではネコを動かしてたはずが、
リスやらアフロなオバサンやらファンキーなダンサーやらケンタウロスを動かし始めるひとまで。
回転させたり飛ばしたり変な叫び入れたり、面白すぎてみんなで爆笑しながらプログラミングを学びました。
(いつものことだけど)独創的すぎる自由すぎるひとたち。
そのうちx座標やy座標を使いこなす子も出てきて!
こうやって楽しみながら、自分のやりたいを色んな手法で形にしていくことができるのは
すごく素敵な力なんじゃないかと思いました。


先生が
「中には作りたいものがなくて、どうしたらいいですか?って聞いてくる子もいるけど、
こうしたい!って思いでどんどん進められるのはすごい良いことだよ。」
ってみんなのことを言ってくれました。
ほんとにそう思う!
自分のやりたい!がいつでも出てくるこの子たちは生きる力が強いなぁといつも感心します。
その分、これはやりたくない!も人一倍強かったりするけれど、
子どものうちに自分の気持ちができるだけ満たされる環境で育っていくと、
ある程度成熟したらやりたくない!嫌だ!にも臨機応変に対応できるようになると思っています。


スクラッチというプログラミングソフトで
音楽を作ったり動画を作ったりゲームを作ったりもできるそうで、
この先も定期的にレッスンをするのだけど、子どもたちがどんなものを作っていくのかが楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です